七五三

日本の伝統行事の1つである七五三は、子供の成長を祝うものとして執り行われます。しかし、意外とその由来などについてはあまり知られていません。そこで、こちらの記事で、詳しく紹介していきたいと思います。 平安時代の行事が起源  七五三の起源は、平安時代にまで遡ります。当時3歳の子供は髪を伸ばし始める「髪置きの儀」を、5から7歳の子供は初めて袴をつける「袴着の儀」というものを執り行っていました。これらの儀式が年を経て、明治時代に今の様な形となったのです。 七五三をおこなう意味  医療が発達していなかった過去の時代において、幼少期の子供が死ぬ確立は、今とは比べ物にならないほど高かったといわれています。その死亡率が高かった7歳頃までは、子供の成長を祝い、また今後の健康を祈って、七五三という儀式をおこなっていたのです。現在の七五三は、その名残りで続いているというわけです。